HOME>特集>気になる修繕の内容を予めチェックしておこう

多くの工事が行われます

マンション

マンション大規模修繕はその名の通り、一部分だけの修繕ではなくて広範囲の作業を行います。誰もが変化の分かりやすい外観部分だけではなくて、屋上や給水管、配水管などの類に加え、廊下や階段にエレベーター、ロビーに会議室等の共用部分、自動車や自転車、バイクなどの駐車場など全体を修繕していきます。大掛かりなので事前準備として説明会も行われますし、どのような工事なのか内容や期間、工期の際の注意が指示されて進められます。

管理組合が主体で行います

男性

マンション大規模修繕というのは、経年劣化に伴って行われる工事というのは誰もが知るとおりです。ガイドラインによっても規定されていて、周期としては12年、15年、30年という周期で実施されます。定期的にメンテナンスをすることで安心かつ安全で、尚且つ快適な居住空間を保つことができるのと、資産価値の保全も行えるとしています。費用に関しては毎月住民から積み立てたお金でまかなわれるようになっているので、確認しておくようにしましょう。マンション管理組合同意の下でこの大規模修繕は行われるようになっているので、実施のためには一定数の可決も必要になっているということを覚えておいて下さい。