HOME>イチオシ情報>豊富な作業内容や業者を吟味して利用しましょう
空き部屋

作業内容の種類

フロアコーティングをしようとおもったら、作業内容にも種類があるので知っておくと比較する際に役立ちます。耐久性は低めですが、手頃な価格でできるのが水性系のコーティングやウレタンコーティングです。1~5年程度ですが、気軽に塗り替えもできるというメリットもあります。中間ぐらいの耐久性能で10~20年程度持つのがシリコンコーティングですが、こちらは人体に対して害のないシリコンを利用しているので、安全性の面でも使いやすいです。そして高耐久なのがガラスコーティングとUVコーティングで、15年以上長持ちしますしツヤ感などもあり一般的になりつつある施工方法です。

使う目的から選ぼう

フロアコーティングの業者は多いですが、比較する際にはどんな目的で依頼したいのかをよく検討しましょう。引越し予定があるけれども賃貸なので綺麗な状態を保っておきたいという場合なら、耐久性も低く安いコーティングでも十分です。一軒家で長く暮らしていくためというのであれば、耐久性が高いコーティングになりますが、コーティング材によってツヤがあったり、多少傷がつきやすいとかマット系の仕上がりになるなど違いがあるので吟味して下さい。

業者そのものを吟味する

フロアコーティングの業者自体も比較しておくことで、満足できる作業内容にしてもらうことができます。ホームページ等があれば所在地の確認をし、見積もりは必ず取って不明点は問い合わせましょう。作業サンプルがある業者であれば、仕上がりイメージを見ることができるので必ず取り寄せて置いて下さい。コーティング以外の作業をしている会社よりは専門の会社を選ぶようにするのと、問い合わせをしたときのスタッフ対応などもよく吟味して選びましょう。